ノルマンディ;ある日曜日

  • 2011.01.18 Tuesday
  • 02:32

ある日曜、彼の友人、JM宅に招待されました。彼も、ノルマンディに一軒家を買って移り住んできた元パリジャンです。


 独身男性の彼がつくってくれたのはゆで卵と生野菜のサラダを前菜に、パンタードとグラタン・ドフウィノワがメインでした。



 パンタード(ホロホロ鳥)はこの近くで養鶏されたもので頭つきのままオーブンからでてきました。



『なんだか首をきる気になれないから』
わかりますよね。私は肉やに切ってもらいます。





 シンプルにオーブンで焼かれたパンタード。濃厚な味でおいしかったです。
グラタン・ドフィノワも自家製。ポテトとクリーム、チーズを重ねて焼いてあります。おいしくできてました。

 食後に数キロ離れたフェルテ・ヴィダムという町につれていってくれました。
17世紀の教会横


内部のステンドグラスは19世紀のものと、ご覧のような1950年代のもの。第二次戦争後に修復されたものですね。



  ここは、
アンシアン・レジーム(フランス革命前)に、シャルトルの衛星都市として発展した町で、お城は二月革命時(1848)に燃やされたのだそう。
そのまま城の枠だけ、巨大な廃墟として建っていて不気味な気もする美しく珍しい公園です。

 60ヘクタールの敷地はそのまま市民に開放されており、広々とした庭を散歩できました。
ここに住んでいたルイ・ド・ルヴドワ・ド・サン=シモン公爵(Louis de Rouvroy, duc de Saint-Simon, 1675-1755)は、ルイ13世の寵臣のだったクロードの息子で、『メモワール』というルイ14世と摂政の生活について書いた本が有名な人です。




城の別館は一時、牢屋として使われていたそうです。

ピクニック&写生をしに、また訪れたい場所でした。



JUGEMテーマ:ヨーロッパ
 

スポンサーサイト

  • 2019.08.02 Friday
  • 02:32
  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク
コメント
コメントする
この記事のトラックバックURL

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Now Tweeting....

ちりも積もれば…世界は平和!

Now running in PARIS !

good to read ?

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 新年おめでとうございます >> 2016年のシチリア旅行のアルバム公開します !
    いそのゆきこ (01/21)
  • スクープ級トラヴェル情報、第二弾 ! 印象派フェスティヴァル開催中のノルマンディーを格安で旅をする方法、教えます。
    Atushi MORI (11/14)
  • スクープ級トラヴェル情報、第二弾 ! 印象派フェスティヴァル開催中のノルマンディーを格安で旅をする方法、教えます。
    From Normandy (11/14)
  • スクープ級トラヴェル情報、第二弾 ! 印象派フェスティヴァル開催中のノルマンディーを格安で旅をする方法、教えます。
    Atushi MORI (11/09)
  • 今年は、良い年になりますように・・・。
    タヌ子 (01/13)
  • "禁じられた遊び"の現行犯
    長男は荷物 (10/24)
  • 庭のクエッチで自家製コンフィチュール(ジャム)作り。
    長男は荷物が多い (08/19)
  • 天国まで連れて行く思い出、公開! =”馬車に乗ってパリを散歩&エッフェル塔の星付きレストラン”の巻。
    新しい竪琴 (04/17)
  • 天国まで連れて行く思い出、公開! =”馬車に乗ってパリを散歩&エッフェル塔の星付きレストラン”の巻。
    長男は荷物が多い (04/17)
  • 天国まで連れて行く思い出、公開! =”馬車に乗ってパリを散歩&エッフェル塔の星付きレストラン”の巻。
    長男は荷物が多い (04/15)

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM